coffee pot

( English below )

オランダにあるDILLE&KAMILLEという雑貨屋さんで10年以上前に手に入れたもの。このいかにもポットらしい丸みを帯びた形に一目惚れしてしまいました。

数あるコーヒーポットの中でなぜこのアナログなウォーマー付きのポットなのか?不思議に思われる方もいらっしゃると思います。理由はいろいろありますが、独りのときは、好きな飲み物を温かいまま長く楽しんだり、友人とならポットそれぞれに紅茶やカフェオレなどを入れて、思い思いに自由なタイミングで好きなものをカップに注いだり…

何より、ちらちらと揺らめくキャンドルの炎をそっと見つめながら、時間を忘れてコーヒーを楽しむ時、ポットが何か特別なものに感じられてくるのです。

 

I was so in love with these kawaii coffee pots at first sight at the household store, DILLE&KAMILLE , in Holland, more than 10 years ago.

I feel some of you might be wondering why I love such old styled pots in spite of many choices I can choose.

There are many reasons for me. Of course I can keep coffee warm for hours. And I find it nice to make a few kinds of drinks, like cafe au late and tea, for each pot to enjoy freely what we want.

And most of all, we can have so comfortable time, seeing subconsciously the small shimmering flames.
It makes our heart feel so peaceful and calm.

KONO式

KONO式
コロンとした丸みのある姿がかわいいKONO式 ドリッパー(2人用)。黄色で描かれたカップ印の目盛りがアイキャッチとなって、目を引きます。 KONO式といえば、温かみのある木製ハンドル。このドリッパーの大ファンだという木材職人さんが、 趣味でウッドハンドルを作ったことがはじまりなんだそう。樹種は数種類ありますがこちらは桜と栗です。

ガラスのコップ

ガラスのコップ
普段使いにぴったりの大きめカップ 一見スタイリッシュなデザインに見えるけれど どこか懐かしい感じもする台形型のデザイン カップに注がれた淹れたてのコーヒーを眺めながら ゆっくりと過ごすのもいい時間です。

Arabia Finland, Anemone

arabia anemone
アラビアのアネモネ。アネモネといえばこの深い藍色と流れるような美しい筆遣い。 手にすると少し重さを感じたり、小さい持ち手が気にもなりますが、それを差し引いても、毎日眺めているだけで満足できる稀なカップ。自宅のカップボードの中心的な存在です。

静かな生活

カフェノマの静かな生活
毎年定期的に訪れる長野。宿のちかくを散歩するのが楽しみで、いつも同じところに宿泊しています。

JUGOYAの食パン

JUGOYAの食パン
JUGOYAの食パン。 マスカルポーネチーズが練り込んであり、もっちりしっとり。ちょっと小ぶりですが、しっかりとした食べ応えもあります。何も付けずにそのまま頂いてももちろんおいしい。 軽井沢を訪れるとかならず寄る、pace aroundさん。その一角にあるパンや惣菜を扱うJUGOYA。ワインソムリエであり、料理人でもあるパン職人が夜を楽しむパンとしてこのお店を開かれたそうです。周辺にはおいしいパン屋さんがたくさんありますが、こちらが最近の一番のお気に入りになりました。

銀座ウエスト チーズバトン

銀座ウェストのチーズバトン
お菓子というより、むしろワインのおつまみに合う乾き菓子、甘さをおさえた大人向けのチーズバトン。パイ生地のパリパリっとした軽い歯応えと、焼けたパルメザンチーズの香ばしさが後を引きます。 銀座ウエストといえば、おそらくリーフパイが有名だと思うのですが、カフェノマ的いちおしはこちら。シンプルな見た目からは想像できないほど、チーズ感たっぷりなお菓子です。

ブラフベーカリーのキャロットケーキ

ブランベーカリーのキャロットケーキ
横浜のおいしいパン屋さんと言えば、必ず筆頭に名前があがるブラフベーカリー。ベーグルなど、数多くのおすすめのパンがありますが、ショーケースの片隅にあるキャロットケーキも外せない商品です。 しっとりとした甘さ控えめの生地には、クルミなどのナッツ類が少々。シナモンの風味もまた控えめで、スパイシーというよりはマイルドでクセがないキャロットケーキ。 トッピング部分もチーズの酸味は抑えてあり、口の中でしっとりした生地ととても相性がよいやわらかさ。重さで価格が違う素朴な販売方法も気に入っています。

Arabia Finland, Bellis

arabia finland bellis

Arabia coffee cup, Bellis. Designed by Olga Osol

アラビアのビンテージカップのなかでも、日常的によく使うのがこのベリス。手のひらに収まる小ぶりなサイズで、存在感も控えめ。他のアイテムと自然とよく馴染んでくれます。

おそらく製造時、ゴールドの縁どりはもっと鮮やかだったのだろうと想像しています。50年を経ていまでは色褪せ、でもそのことが、かえってシックで品よく落ち着いた印象を与えてくれているように思います。

今までたくさんアラビアのカップを手にしてきましたが、普段遣いしているのはこんな控えめなカップばかり。ソーサーは使わず、木のコースターとあわせて、さらにカジュアルダウンして楽しんでいます。

松栄堂のごま摺り団子

松栄堂のごま摺りだんご。ごま蜜がだんごに包まれた、小さな和菓子です。 ごま蜜は、ほんのり醤油の効いた、トロッとした甘みの口当たり。だんごは、みずみずしさを感じるモチモチとした歯ごたえの食感。この組み合わせに、さらにコーヒーを合わせるのがおすすめの食べ方です。濃厚なごま蜜の甘さとコーヒーの苦みが口の中であいまって、お互いを引き立てます。 冷凍して売られているこのだんご。食べる少し前に冷凍庫から取り出し、コーヒーの予熱を使って食べ頃をまちます。コーヒーとだんごを少しでも長く、交互に味わいたいので、いつもひと口で食べず、団子を半分食べて、コーヒーをひと口。もう半分を食べて、またコーヒーをひと口と。長くながく、ちびちびと楽しんでいます。