coffee pot

( English below )

オランダにあるDILLE&KAMILLEという雑貨屋さんで10年以上前に手に入れたもの。このいかにもポットらしい丸みを帯びた形に一目惚れしてしまいました。

数あるコーヒーポットの中でなぜこのアナログなウォーマー付きのポットなのか?不思議に思われる方もいらっしゃると思います。理由はいろいろありますが、独りのときは、好きな飲み物を温かいまま長く楽しんだり、友人とならポットそれぞれに紅茶やカフェオレなどを入れて、思い思いに自由なタイミングで好きなものをカップに注いだり…

何より、ちらちらと揺らめくキャンドルの炎をそっと見つめながら、時間を忘れてコーヒーを楽しむ時、ポットが何か特別なものに感じられてくるのです。

 

I was so in love with these kawaii coffee pots at first sight at the household store, DILLE&KAMILLE , in Holland, more than 10 years ago.

I feel some of you might be wondering why I love such old styled pots in spite of many choices I can choose.

There are many reasons for me. Of course I can keep coffee warm for hours. And I find it nice to make a few kinds of drinks, like cafe au late and tea, for each pot to enjoy freely what we want.

And most of all, we can have so comfortable time, seeing subconsciously the small shimmering flames.
It makes our heart feel so peaceful and calm.

ハンガーラック

Hanger rack
立てかけるだけのドイツ製のハンガーラック。 空間をすっきり使うことができ、好きな場所に簡単に設置できます。 マットな黒と木の組み合わせが、落ち着いた雰囲気のアトリエにしっくり馴染みます。

KONO式

KONO式
コロンとした丸みのある姿がかわいいKONO式 ドリッパー(2人用)。黄色で描かれたカップ印の目盛りがアイキャッチとなって、目を引きます。 KONO式といえば、温かみのある木製ハンドル。このドリッパーの大ファンだという木材職人さんが、 趣味でウッドハンドルを作ったことがはじまりなんだそう。樹種は数種類ありますがこちらは桜と栗です。

ガラスのコップ

ガラスのコップ
普段使いにぴったりの大きめカップ 一見スタイリッシュなデザインに見えるけれど どこか懐かしい感じもする台形型のデザイン カップに注がれた淹れたてのコーヒーを眺めながら ゆっくりと過ごすのもいい時間です。

Cutting Board

cutting board

小さいオカズをちょこちょこ。
そうやって並べるだけで、
それなりに見せてくれるカッティングボード。
パンとジャムを並べたり、ひと口サンドイッチを盛りつけてみたり和洋問わず重宝しています。

花瓶

瓦のフラワーベース
icciのフラワーベース。
花の引き立て役に徹しているシンプルでミニマムな外観。
こっちを見て見てと主張しない感じが気に入っています。
瓦の焼きムラが味わいとなって、
ドライフラワーと最高の相性です。

Arabia Finland, Anemone

arabia anemone
アラビアのアネモネ。アネモネといえばこの深い藍色と流れるような美しい筆遣い。 手にすると少し重さを感じたり、小さい持ち手が気にもなりますが、それを差し引いても、毎日眺めているだけで満足できる稀なカップ。自宅のカップボードの中心的な存在です。

Arabia Finland, Bellis

arabia finland bellis

Arabia coffee cup, Bellis. Designed by Olga Osol

アラビアのビンテージカップのなかでも、日常的によく使うのがこのベリス。手のひらに収まる小ぶりなサイズで、存在感も控えめ。他のアイテムと自然とよく馴染んでくれます。

おそらく製造時、ゴールドの縁どりはもっと鮮やかだったのだろうと想像しています。50年を経ていまでは色褪せ、でもそのことが、かえってシックで品よく落ち着いた印象を与えてくれているように思います。

今までたくさんアラビアのカップを手にしてきましたが、普段遣いしているのはこんな控えめなカップばかり。ソーサーは使わず、木のコースターとあわせて、さらにカジュアルダウンして楽しんでいます。

Vintage Pot

vintage pot

象印のビンテージまほうびん。
容量は750mlほどで、コーヒーならたっぷり5杯分は入ります。

40年以上前、おそらく昭和40-50年代につくられたものですが、いまだに現役のこのまほうびん。飲み頃の温度でコーヒーを淹れれば、ほぼそのままの温度で終日楽しめます。使っている印象では、温かいものは半日ぐらい、冷たいものは更に長く飲み頃をキープしてくれるようです。

天然の籐を使ったレトロなデザインのおかげか、テーブルもナチュラルで優しい雰囲気に。朝たっぷりドリップしたコーヒーを少しずつ楽しんだり、来客時にあらかじめコーヒーを入れておくなどして活用しています。

vintage pot

猫のマット

F/styleのロンド・キャットマット

F/styleのロンド・キャットマット。
テラコッタタイルにぴったりの玄関のアクセントになりました。

素材のベースはジュート(黄麻)、ネコの部分は密度が高いしっかりめのウールでできています。色展開は4種類、猫の代わりに犬のバージョンもあります。イヌとネコどちらにするか悩ましい選択でしたが躍動感あるユーモラスな歩き姿が気に入って、最終的にはチャコールグレーのネコに決定しました。

家の隅々まで好きなものに囲まれてお気に入りの空間にしたい、たとえ玄関であってもそれは同じです。家に帰り、ふと足元に目をやるたびに気持ちが和みます。