Please select a page for the Contact Slideout in Theme Options > Header Options

Zingaro/Portrait in black & white

By in Music

好き嫌いがはっきりしている。なにかを表現するとき、これだけでうまくいく確率はかなり高いとみています。空間を担当する相方の弓庭(ゆば)はこの傾向がとても強い。白か黒か。ちなみに僕は白黒が1対1くらいで、その他はグレー。世の中好きでも嫌いでもない、どちらでも良いことばかり。

彼女は好きなものを好きというし、嫌いなものははっきりと否定する。中間のクレーゾーンがないひと。彼女のこの性格なのか気質なのかわからない特徴に気づいた時、これはモノになるなと直感しました。感覚的なものなので理由ははっきりしないけど、結論はすでにある状態。理屈で理解できないところでものごとが決まるプロセスは、これは誰にもまねができないなと思ったのです。

でも「作品に語らせる」芸術家ならまだしも、僕らはそういうわけにはいかないので、その良し悪しを言語化する必要がある。それが僕の大事な仕事のひとつになっています。

Comments (0)

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA