Please select a page for the Contact Slideout in Theme Options > Header Options

Electric Counterpoint: I. Fast

By in Music

今週まわった取材先やごはんを食べたところはどこも薄暗い場所ばかりだった。灯りはひかえめで、自然光やロウソクの炎だけだったり。和菓子の羊羹(ようかん)が映える明るさだとか、白い皿の真ん中にある魚が映える明るさだとか、そんな場所ばかり。なんだかとても落ち着いた。

うす暗いというより日本が明る過ぎるといわれている。僕も20代半ばの、海外での生活をきっかけにそれを感じるようになった。築100年をこえる古い石造りの建物のなかはどこも薄暗かった。日本に帰ってきてしばらくコンビニの明るさになじめなかったりもした。

新築の戸建てやマンションのパンフレットをひらくと、どれも明るい居室の写真ばかりでおどろく。ひとが住むというリアリティがない。パンフレットってそういうものだ、というあきらめなのか刷り込みなのか。

プロやアマチュアの違いというよりリアリティを作り出せるか否か。そういう演出や画づくりは、自分が当事者になれるか否かということがとても大切なような気がしてます。知らないと話せないし、撮れないし、作れないと思うから。