Please select a page for the Contact Slideout in Theme Options > Header Options

Home ideas #8 Hundertwasserhaus

By in Home Ideas

#8 味ってなぁに?

カラフルでゆがんだ外壁や、その奇抜な外観が目を引くフンデルトヴァッサーハウス(Hundertwasserhaus)。およそ建築的常識からかけ離れたその自由な発想の建物は、画家でもあるフンデルトヴァッサー氏の代表作となっている。

このフンデルトヴァッサーハウスの魅力はなんといってもウィーン市の公共住宅というところ。芸術家やアーティストなど「いかにも」なひとたちではなく、ふつうの人々がふつうに暮らしている住宅という点、奇抜なのに公共の建物だというアンバランスさが、なんともいえない魅力につながっている。デザインがどうのこうのということをとっくに超越している感じがあります。

フンデルトヴァッサーさんは、自然界にない定規でひいたような直線をきらったといいます。カフェノマで空間を担当する弓庭も同じで、ゆがんだ線や、かすれた色の風味を好みます。理由は「味があるから」なんだとか。味とはなにか。空間をやるとき、これをひとに説明するのがぼくの仕事のたいはんだったりします。

文/刈込
監修、イラスト/弓庭